山代温泉を訪れたらまずは古総湯へ【歴史と総湯をめぐる旅のススメ】


山代温泉は開湯1300年の伝統ある温泉街。あらゆる文化人たちがこぞって訪れたそうで、その名残も多く残っています。コンパクトな温泉街はゆったりと、そしてまったりと湯めぐりできる観光スポットといえます。

そんな山代温泉でまず訪れておきたいのが、古総湯という共同浴場。伝統ある山代温泉を感じながら、湯めぐり旅をスタートさせるにはぴったりの場所です。そして山代温泉でもうひとつ押さえておきたいのが、“九谷焼”。加賀温泉郷の伝統工芸品です。美しい九谷焼にふれながら、温泉を楽しめる―山代温泉の魅力のひとつです。

今回は山代温泉 古総湯の魅力と楽しみ方についてご紹介します。

山代温泉の歴史

神亀2年(725年)、行基という高僧が修行途中で一匹の鳥に遭遇。その鳥が傷ついた羽を水たまりにつけて癒していたそう。その水たまりの発見が山代温泉の始まりなんだとか。この鳥は古事記や日本書紀に登場する伝説の三本足の霊鳥「ヤタガラス」とされ、現在まで語り継がれています。

数多くの文人に愛されている山代温泉。織田信長を討ったとされる明智光秀も湯治のため10日間ほど滞在したんだそう。光秀をはじめ、多くの人々に湯治の効能が伝えられて山代温泉が全国へと広まっていくー山代温泉も全国各地から訪れた人々によって歴史を重ね魅力を増していった温泉地といえます。

「山代の いで湯に遊ぶ 楽しさは たとえて言えば 古九谷の青」と詠んだ与謝野晶子、「夢もおぼろな山代温泉」と記した泉鏡花、そして九谷焼に魅せられた北大路呂魯山人など多くの文人たちを魅了する山代温泉ができあがったのです。

山代温泉を始めとした北陸の温泉街は、湯の曲輪(ゆのがわ)と呼ばれていました。共同浴場の中心とした周囲の街並みのこと。江戸時代、温泉を中心に宿が立ち並び、湯治客は周囲の豊かな自然を散策しました。時代を経て、現在は2つの共同浴場とともに伝統ある『湯の曲輪』へと発展させているのが山代温泉なのです。

山代温泉 古総湯とは

山代温泉 古総湯は、明治時代当時の共同浴場を再現した、2010年オープンの共同浴場。シャワーなどを使わない当時の入浴方法を再現できるよう、四方八方どこからも出入りできる仕様になっています。源泉かけ流し方式を使用し、ステンドグラスと当時の絵柄を再現した内観を楽しみながら温泉を満喫できます。

2階は湯上りがあり、ステンドグラスで彩られた内観から温泉街を楽しむことができます。

山代温泉 古総湯の魅力


出典:石川県観光連盟

山代温泉の最大の魅力は、江戸時代の風情を残した外観と内観。なかでも内観に施されたステンドグラスと九谷焼のタイルが敷き詰められた美しい内観は、山代温泉の伝統を感じられる必見スポットです!


出典:石川県観光連盟

外観には、日本古来の古瓦とこけら葺き屋根を用いた伝統ある外観。日中の明るい空の下に見る姿も美しいですが、最もおすすめなのは夜。ライトアップされた古総湯は、レトロな街並みに映える美しさを放ちます。

山代温泉 古総湯 概要

  • 住所:加賀市山代温泉18-128
  • 電話番号:0761-76-0144
  • 利用料金:普通料金 大人(12歳以上)500円 中人(12歳未満6歳以上)200円 小人(6歳未満3歳以上)100円※幼児は無料
  • 休業日:各月の第4水曜日 6時〜12時まで(正午から通常営業)
  • 営業時間:6時〜22時

古総湯と並ぶ 山代温泉 総湯も一緒に


出典:石川県観光連盟

古総湯を訪れたら、合わせて訪れておきたいのが、総湯。2009年にリニューアルオープンし、古総湯とともに山代温泉街の発展を支えている共同浴場です。

熱交換システムで余熱廃熱を実現し、源泉は加水なしの100%源泉を使用、毎日総入れ替えの清潔な温泉。地元の人々にも愛されている共同浴場です。

明るい浴場内には古総湯と同様九谷焼タイルを使用しており、温泉とともに古総湯とは違った内観を楽しむことができます。外観は、加賀の伝統的民家のような赤瓦に板張り仕様。石川県産の杉を使用した杉張りは周りの自然と溶け込み独特な雰囲気を醸し出しています。

古総湯とは違った山代温泉の良さを楽しんでみてください。

山代温泉 総湯 概要

  • 住所:加賀市山代温泉万松園通2-1
  • 電話番号:0761-76-0144
  • 利用料金:普通料金 大人(12歳以上)420円 中人(12歳未満6歳以上)130円 小人(6歳未満3歳以上)50円※幼児は無料
  • 休業日:各月の第4水曜日 6時〜12時まで(正午から通常営業)
  • 営業時間:6時〜22時

散策後におすすめ!「源泉 足湯」


出典:石川県観光連盟

山代温泉近くの源泉公園内では、足湯を楽しむことができます。岩の上にあるヤタガラスの像が目印です。

足をあたためることによって、血行がよくなり冷えの改善やリラックス効果が期待できるんだとか。温泉街で歩き疲れて少し冷えてしまったにぴったりです。古総湯と総湯と一緒に楽しみたいスポットです。

古総湯と総湯を満喫し、温泉街を散策した後は足湯へ訪れてみませんか?

源泉 足湯 概要

  • 住所:石川県加賀市山代温泉18-121甲(総湯横)
  • 電話番号:0761-77-1144
  • 利用料金:無料
  • 利用時間:8時~22時
  • 休業日:無休(清掃のため利用できない日あり)

おわりに

江戸、明治、そして現在―歴史と今が融合した魅力ある温泉街、山代温泉。その伝統とモダンを感じたいなら、まずは山代温泉 古総湯へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

歴史ある温泉に浸かりながら、旅の疲れを癒し、発展する温泉街の息吹を感じられること間違いなしです。