華やかな金沢を楽しみたいなら『成巽閣』がおすすめの理由とは?


優美な雰囲気漂う御殿、『成巽閣(せいそんかく)』。第13代藩主である前田斉泰(なりやす)が、自分の母である眞龍院(しんりゅういん)にプレゼントしたとされる建物です。

上品で艶やかなデザインが施され、まさに女性の住まいにぴったりの御殿です。兼六園近くにあり、金沢旅必訪のスポットです。

今回は、金沢旅に必ず訪れたい『成巽閣』についてご紹介します。

『成巽閣』とは


写真提供:金沢市

国指定重要文化財、国指定名勝に認定されている『成巽閣』は、1863年に前田斉泰が母 眞龍院のために兼六園近くに建てた隠居所です。女性の好みや喜ぶツボを押さえた雅で艶やかな内観デザインは、斉泰の母に対する愛情が伺えます。

「謁見の間」の花鳥があしらわれた欄干や「松の間」の小鳥が描かれたオランダのガラスなど、細部に渡り女性の心を掴むような細工が施されています。また「群青の間」の高貴な青は、新幹線の内装にも活用されていて、その絶妙な発色は一見の価値あり。

『成巽閣』は2階建てになっており、1階は書院造り、2階は数奇屋風書院造りという2タイプの様式を取り入れています。その造りは非常に珍しく貴重で、国指定重要文化財になっています。建物内には、眞龍院が愛用していた調度品などが展示されている「所蔵品展示室」があるのでこちらも合わせてチェックしたいところ。1階には「つくしの縁」という開放的な縁側があるので、一通り見学した後は休憩がてらゆったりと庭を楽しむのがおすすめです。

『成巽閣』は兼六園に隣接しているので、西口と赤門で行き来することができます。ぜひ兼六園も一緒に訪れてみてくださいね。

成巽閣 概要

  • 住所:石川県金沢市兼六町1−2
  • 電話番号:076-221-0580
  • 開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
  • 休館日:毎週水曜日(※祝日の場合は開館し、翌日が休館日)、年末年始(12月29日~1月2日)
  • 入館料:(企画展)一般・大学生 700円 中高生 300円 小学生 250円
    (特別展)一般・大学生 1000円 中高生 400円 小学生 300円

『成巽閣』と一緒にチェックしたい「石川県立伝統産業工芸館」


出典:石川県観光連盟

『成巽閣』で雅な時間を過ごしたら、さらに『石川県立伝統産業工芸館』で石川県の伝統産業について学んでみるのがおすすめ。


出典:石川県観光連盟

『石川県立伝統産業工芸館』は県内で唯一石川県の伝統工芸品36品目を展示している施設。1階と2階に分かれて展示されており、1階は衣食住、2階は「祈」「遊」「音」「祭」といった祭事に関連した展示になっています。

常設展に加えて企画展も開催され、毎週土日にはワークショップなど体験コンテンツも実施されています。ミュージアムショップではここでしかゲットできないおしゃれなアイテムもあるのでチェックをお忘れなく。

石川県立伝統産業工芸館 概要

  • 住所:石川県金沢市兼六町1−1
  • 電話番号:076-262-2020
  • 開館時間:9時~17時(入館は16時45分まで)
  • 休館日:(4月~11月)毎月第3木曜日
    (12月~3月)毎週木曜日及び年末年始 ※祝日の木曜日は除く
  • 入館料:(1階)無料
    (2階)大人(18歳以上)260円 (65歳以上)200円 小人(17歳以下)100円
  • 備考:当館西口から兼六園へ入園可。チケット売り場にて入園券をお買い求めいただけます

おわりに

美しい御殿『成巽閣』は、人気観光地「兼六園」と合わせて訪れたいスポットです。優美な内観を楽しんだ後は、近くにある『石川県立伝統産業工芸館』に立ち寄ってさらに石川の伝統にどっぷり浸かるのがおすすめ。

金沢と石川の伝統を余すことなく楽しんでみてはいかがでしょうか。