江戸時代にタイムスリップ!? 『長町武家屋敷跡』でレトロな金沢を楽しむ方法とは?


江戸時代後期、加賀藩の上・中級武士の屋敷があったエリア。入り組んだ路地に沿って土塀が続く町並みは、江戸時代のレトロな雰囲気を感じさせます。

土塀沿いにゆっくりお散歩していると、まるで江戸時代にタイムスリップしたよう。金沢を旅する際には、必ず立ち寄りたい観光スポットです。

今回はかつての金沢を感じさせるレトロな雰囲気を詰め込んだ『長町武家屋敷跡』をご紹介します。

『長町武家屋敷跡』とは?


写真提供:金沢市

香林坊から歩いてすぐとアクセス抜群な観光スポット『長町武家屋敷跡』。金沢の中心部に位置し、繁華街の近くとは思えないほど静かに観光できます。

『長町武家屋敷跡』は加賀藩の家老を務めた長家や村井家をはじめ、上・中級武士が居を構えた住宅街の跡のこと。路地が入り組んだ構造になっており、外からの侵入を防ぐための名残りなんだとか。木場板葺き屋根のついた土塀や長屋門が連なり、江戸の風情を感じることができます。

四季折々の『長町武家屋敷跡』の魅力


写真提供:金沢市

長町武家屋敷跡の魅力はなんといっても季節によってガラリと変わる景観! 江戸の風情が漂う建物が連なり、まるでタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。

春先や夏の青々とした緑や秋の紅葉、そして土塀のベージュと茶色に雪の白さがなんとも寂しげで趣きのある冬。どの景色もそれぞれのよさがあり、季節の空気を肌で感じながら、かつての金沢に想いを馳せながら観光できます。 着物を着ながら散策するとさらに風情を堪能出来ること間違いなしです。


写真提供:金沢市

どの季節もおすすめですが、1番のおすすめは冬。雪から土塀を守る「こも掛け」という冬仕度が施された街並みは『長町武家屋敷跡』ならでは。雪吊りと一緒に冬の風物詩として、観光客だけでなく、地元の人からにも親しまれています。

また『長町武家屋敷跡』の近くには、大野庄用水が通っており古くから人々の生活を支えています。こちらも『長町武家屋敷跡』と一緒にチェックしてみてくださいね!

そのほかにも『武家屋敷跡 野村家』や『旧加賀藩士高田家跡』など見どころ満載。『長町武家屋敷休憩館』に常駐の観光ボランティア まいどさんがいるので、欲張りに観光したい場合は依頼してみてくださいね!

長町武家屋敷跡 概要

  • 住所:石川県金沢市長町
  • 電話番号:076-232-5555(金沢市観光協会)

おわりに

いかがでしょうか?

江戸の風情が残る『長町武家屋敷跡』。まるでタイムスリップしたような雰囲気に現代の空気も交じり合う不思議な街並みが魅力的な金沢旅のスポットです。

金沢旅の工程にぜひ一度加えてみたらいかがでしょうか?