下から見上げる金沢城は圧巻! 『金沢城公園』は四季折々で楽しむ


藩政時代、金沢城を中心に現在の兼六園周辺は加賀藩の心臓部でした。もちろん金沢城公園もそのひとつ。加賀百万石の豊かさを体感できる歴史スポットです。

公園から見る金沢城や石川門は、江戸時代に幕府が警戒するほどの石高を誇った加賀藩の栄華を象徴する立派な建物。それを下から見上げて鑑賞できる『金沢城公園』は、まさに金沢の中心を“見て”楽しむ観光スポットです。

今回は、かつての加賀藩の偉大さを感じられる観光スポット『金沢城公園』についてご紹介します。

『金沢城公園』とは


写真提供:金沢市

加賀百万石といわれた大名の城を見学できる公園。金沢城の前に広い芝生が広がっている様子はとても開放的で、何回訪れても心奪われること間違いなしです!

1583年の前田利家の入城以来、およお290年間にわたり前田家の居城だった金沢城。城内には藩政時代から残る石川門や三十間長屋に加え、城を守る役割を担った橋爪門や菱櫓、実質的な正門だった河北門が復元されています。


写真提供:金沢市

『金沢城公園』の最大の魅力は、四季折々で見せる景観の変化。春の桜はもちろん、初夏の青々とした緑や秋の紅葉、そして冬の雪景色。ピンク、緑、赤、そして白と1年間で実にカラフルに移り変わっていきます。

『金沢城公園』を訪れたら石川門はぜひ間近で


写真提供:金沢市

兼六園と向かい合う石川門は、金沢屈指の桜の名所のひとつ。石川門の近くには「城と庭のボランティアガイドの会」が常駐していて、無料でみどころを解説してくれるので要チェック。石川門は2013年に改修工事を終えており、以前よりもさらに精巧な石川門を楽しめるはず。


写真提供:金沢市

そして石川門と合わせて訪れておきたいのが、橋爪門。金沢城とお掘りにかかる橋とそれを繋ぐ門は加賀藩当時を再現した建物(見学有料)。当時の加賀藩に想いを馳せ、金沢の歴史を感じられること間違いなしです。

金沢城公園 概要

  • 住所:石川県金沢市丸の内1-1
  • 電話番号:076-234-3800
  • 開園日:年中無休
  • 開園時間:(3月1日~10月15日)7:00~18:00 (10月16日~2月末日)8:00~17:00
  • 入園料:無料 ※菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門は有料(大人(18歳以上)310円、小人100円)

『金沢城公園』といっしょにチェック「白鳥路」


出典:石川県観光連盟

『金沢城公園』を訪れたら、一緒にチェックしておきたいのが「白鳥路(はくちょうろ)」。石川門近くの緑豊かな小さな遊歩道です。昔金沢城を囲むお堀のひとつだった場所で、現在は遊歩道として金沢城公園のお散歩コースとして地元の人から親しまれています。


写真提供:金沢市

全長300mほどの道の両サイドは豊かな緑に囲まれ、側を小川が流れています。静かな空間の中聴こえる小川のせせらぎに日々の疲れが癒されること間違いなし。金沢三文豪などの銅像も並んでおり、癒しの空間としてだけではなく、金沢の歴史も合わせて感じることができるスポットです。

白鳥路 概要

  • 住所:石川県金沢市丸の内7−1

おわりに

『金沢城公園』は金沢旅定番の観光スポットが密集しているエリアに位置し、季節によって変わりゆく金沢城を楽しめ、景色と金沢の伝統を楽しめる名所です。

『金沢城公園』と合わせて今回ご紹介した静寂と金沢の歴史を感じられる白鳥路の他に、近くにある兼六園や金沢21世紀美術館、少し足を伸ばして西田家庭園 玉泉園や長町武家屋敷跡など魅力あふれる観光スポットも合わせてチェックしてみてほしいところ。

ぜひゆっくり歩きながら金沢を堪能してくださいね。

関連:兼六園と合わせて訪れたい!華麗な美を体感できる『西田家庭園 玉泉園』とは?

関連:江戸時代にタイムスリップ!? 『長町武家屋敷跡』でレトロな金沢を楽しむ方法とは?

関連:金沢に来たら必ず一度は訪れたい! 『武家屋敷跡 野村家』の魅力とは?