金沢といえばお茶屋は必訪! 人気観光スポット『ひがし茶屋街 志摩』とは?


金沢屈指の観光エリアのひとつ、ひがし茶屋街。その中ほどに位置している観光スポットが『志摩』です。江戸時代の建物をそのまま保存、公開している伝統的なお茶屋。当時「一見さんお断り」といわれた金沢のお茶屋さんの姿をそのまま残しています。

今回は金沢を訪れたら必ず行っておきたい、ひがし茶屋街『志摩』の魅力についてご紹介します。

『ひがし茶屋街 志摩』の歴史と特徴


写真提供:金沢市

ひがし茶屋街とともに歩んできた『志摩』。金沢の代表する観光名所のひとつです。金沢の典型的なお茶屋の造りをそのまま残している貴重な建物。

お茶屋さんは2階が客間で、押し入れや間仕切り壁などがない開放的な造りになっています。これは芸妓さんが唄や踊りを披露できるようにするためのデザインで、開放的なだけでなく優美で繊細な空間が特徴です。

志摩の歴史は古く、ひがし茶屋街が形成されたといわれる1820年(文政3年)に遡(さかのぼ)ります。封建的制度の中、娯楽と社交場として発展しました。しかし、当時お茶屋さんで遊べる人は、上流人や文人といったわずかな上流階級、知識人のみ。“遊び”といっても琴、三弦、笛に、舞、謡曲、茶に俳諧までさまざまで、お客さんも芸妓さんともに幅広く高い教養と技能が求められたんだとか。日本の伝統を支える文化は金沢でもしっかり育まれていたようです。

『ひがし茶屋街 志摩』はこうした、建物自体のハード面、あらゆる芸が生まれたソフト面が評価され、日本の国指定重要文化財に認定されています。

『志摩』を堪能できる! おすすめコース


写真提供:金沢市

『志摩』には1階と2階があります。志摩を堪能するルートは2階から1階へ見学を進め、最後に茶室でお茶と和菓子をいただくコース。

2階

2階では「前座敷」と「ひかえの間」をチェック。

写真提供:金沢市

「前座敷」は、鮮やかな紅殻(鮮やかな赤色)の壁と琵琶木が特徴。床の間を背にして、お客が宴を楽しんだ部屋です。2階のほうが階高になっているお茶屋特有の造りになっています。


写真提供:金沢市

「ひかえの間」は芸妓さんたちのステージ。座敷に座ったお客の正面に襖を挟んだところに位置しています。

1階

1階でチェックするのは、「みせの間」「庭」「台所」そして「茶室」。

写真提供:金沢市

「みせの間」では、芸妓さんなどが化粧をしたり、準備をする場として使用されていた部屋。現在は、櫛(くし)やかんざしを始め、お茶屋が流行っていた当時んの道具類を展示しています。

「庭」では、小さいながらも風情を感じられる風景が楽しめます。

「台所」では、井戸や石室が当時のまま現存している貴重な部屋。お茶屋では料理が取り寄せのため、棚に並ぶのは酒器がメインだったのだとか。当時のお茶屋の賑わいが感じられます。

ラストは「茶室」。一通り金沢の文化を堪能したら、こちらで金沢の“食”も楽しみましょう! 庭を眺めながら、お抹茶と和菓子がいただけます。

※生菓子付 700円  お干菓子付 500円

国指定重要文化財『志摩』概要

  • 住所:石川県金沢市東山1-13-21
  • 電話番号:076-252-5675
  • 定休日:無休
  • 営業時間:9:00~18:00/(12月~2月)9:00~17:00
  • 利用料: 大人(高校生以上)500円 小中学生 300円

おわりに

いかがでしたか? 金沢を代表する文化のひとつ「お茶屋」。金沢の街並みと歴史を感じながら、観光できる『志摩』は一見の価値ありです。

金沢を訪れたら、“一見さん”でも入れる貴重なお茶屋『ひがし茶屋街 志摩』をぜひ覗いてみてくださいね!