金沢を訪れたらオムライスもいいけど、ハントンライスもおすすめ!?


金沢といえば、海鮮! そして洋食が美味しい観光地です。風情あるレトロな雰囲気を味わないながら、美味しい洋食をいただく―金沢の魅力のひとつです。

なかでもオムライスは人気の洋食メニューのひとつ。金沢で美味しいオムライスに舌鼓を打つのもいいのですが、「オムライスを食べたい!」と思ったときに、まず押さえておきたいのがご当地グルメ “ハントンライス”!

今回は金沢を訪れたら、必ず食べておきたい“ハントンライス”についてご紹介します。

オムライスではない、金沢の郷土グルメ “ハントンライス”とは?

見た目はオムライスのような金沢ご当地グルメ、“ハントンライス”。“ハン”はハンガリー、“トン”はマグロを意味するフランス語が由来です。

1960年代の金沢の洋食ブームの際に生み出された創作料理。当時人気の高ったオムライスよりも早く提供できる料理にできないかと試行錯誤してできあがったのが、ハントンライスなんだとか。

時短を叶えるためか、ケチャップで味つけしたバターライスの上に薄焼きたまごをのせ、白身魚や海老フライなどをトッピングした上からケチャップとタルタルソースをかけるというシンプルさが特徴です。

実際は諸説あり真意は定かではありませんが、学校給食でも提供されているなど金沢の郷土料理として受け継がれてきたメニューのひとつであることは間違いありません。

ハントンライスはお店に大きく特徴が異なります。味はもちろんですが、お店や景色も一緒に味わうのが、金沢の旅を楽しむコツでもあります。今回はlocal:with編集部おすすめのお店をご紹介します!

ハントンライスの発祥の地 人気店「グリルオーツカ」

ハントンライスを食べるなら、まずは老舗のグリルオーツカへ。ハントンライスの発祥地のひとつといわれています。お店の佇まいは、とってもレトロ。昔ながらの洋食やさんといった印象で、昭和へタイムスリップしたかのような雰囲気があります。テレビでも取り上げられる人気店なので、混雑必至! 余裕をもって訪れてくださいね。

グリルオーツカの「ハントン風ライス」は、ケチャップ味のオムライスの上にカジキマグロと小ぶりの海老フライを2個ずつのせ、上からケチャップとタルタルソースがかかっている定番スタイル。こってりとした味が特徴のハントンライスです。こってりしているにも関わらず、ペロっと平らげてしまうという不思議な美味しさ。金沢旅の必食のメニューです!

メニュー

  • メニュー名:ハントンライス
  • 価格:大930円 小880円

グリルオーツカ

  • 住所:石川県金沢市片町 2-9-15
  • 電話番号:076-221-2646
  • 営業時間:
    平日(月~金)11時~16時、17時~19時50分
    休日(土日祝)11時~19時50分
  • 定休日:水曜日(祝日の場合は営業。振替休日有り)

リーズナブルなハントンライスならここ!「ホーム くっくわかばやし」

お肉屋さんが経営している洋食店「ホーム くっくわかばやし」。精肉店の隣に洋食店が並んでいます。店内はアットホームな雰囲気。こちらも昔ながらの洋食店というイメージがぴったりのお店です。

「ホーム くっくわかばやし」の特徴は、コスパのよさ! 味はもちろんのこと、700円台でボリューミーな定食が楽しめるところも人気のひとつです。牛焼き定食などお肉を使ったメニュー並んで人気なのが、ハントンライスです。

「ホーム くっくわかばやし」のハントンライスは、きゅうりが4本盛り付けられているのが特徴。ハムとたまねぎが入っているケチャップライスを半熟たまごでとじて、白身フライを上にのせてケチャップとタルタルソースを上からかけています。

さらにハムやウィンナーといったお肉をふんだんに使ったハントンライスを提供できるのも、ホームくっくわかばやしならではです。

メニュー

  • メニュー名:ハントンライス
  • 価格:昼 700円 夜750円
  • その他:突き出し、みそ汁付き

ホーム くっくわかばやし

  • 住所:石川県金沢市新竪町3-4-2
  • 電話番号:076-264-2522
  • 営業時間:
    ランチ 11時30分~14時
    ディナー 17時~21時
  • 定休日:日曜日

口コミで話題! インパクト大のハントンライスが人気「洋食屋 RYO」

金沢のタテマチバス停近くにある洋食屋さん、「洋食屋 RYO」。黒を基調したシックな外観のお店です。50年以上のキャリアを持つグランシェフがサーブする、金沢の伝統的な洋食屋さんのひとつ。

「洋食屋 RYO」のハントンライスの特徴は、そのボリューム。半熟たまごのオムライスに大きな海老フライと白身魚のフライがのり、ケチャップに特製タルタルソースがかかっています。お味噌汁と季節の野菜がついたセットメニューで昼夜問わず注文可能。

しっかりとした味にも関わらず、すべての味つけがマッチして気づいたら完食しまうそう。インスタでも盛り上がること間違いなしのハントンライス、ご賞味あれ!

メニュー

  • メニュー名:ハントンライス
  • 価格:1600円
  • その他:季節のサラダ、みそ汁付き

洋食屋 RYO

  • 住所:石川県金沢市長町1丁目4番57号長町ビル1F
  • 電話番号:076-261-2177
  • 営業時間:
    ランチ 11時30分~15時
    ディナー 17時30分~21時30(L.O.21時)
  • 定休日:不定期

シンプルなハントンライスを味わうなら老舗「キッチン すぎの実」

昭和53年創業(1978年)の老舗洋食店。アーケード商店街の一角にある、昭和の香りが漂う佇まいの外観、中もレトロな洋食やさんといった印象です。

今年で創業40年を迎える「キッチン すぎの実」は、素朴でやさしい美味しさが特徴のハントンライスを提供。こだわりのケチャップで味つけされたライスの上に、バターの風味が効いた薄焼きたまごと白身魚のフライをトッピング。そして定番のタルタルソースではなく、特製サウザンドソースがかかっている特製ハントンライスです。

また「キッチン すぎの実」では、ハントンライスと並んで定番の人気メニュー『ボンライス』があります。“ボン”はフランス語で“美味しい(料理に対して)”を意味する言葉。

ごはんの上に玉ねぎと豚肉をデミグラスソースで味つけした具と生たまごがのったボリューミーなメニュー。改良を重ねたというソースはごはんが進む絶妙な味つけ加減。その名の通り、非常に美味な一品。ハントンライスとともにオーダーしたい看板メニューのひとつです。

メニュー

  • メニュー名:ハントンライス
  • 価格:730円
  • その他:サラダ、スープ付き ※テイクアウト可

キッチン すぎの実

  • 住所:石川県金沢市石引2-8-7
  • 電話番号:076-222-4866
  • 営業時間:ランチ 11時30分~14時  ディナー17時~21時
  • 定休日:木曜日.第3水曜日

ご当地グルメもおしゃれでヘルシーに楽しみたいなら「フルオブビーンズ」

築100年以上の古民家をリノベーションしたカフェ。金沢の町の雰囲気とマッチしたおしゃれなカフェで居心地も抜群! 夜は店内から明るい光がもれて、思わず入ってみたくなるような空間が広がっています。食材の中でも特に野菜に強いこだわりがあり、地元で採れた野菜を中心に新鮮な食材を使ったメニューをサーブしています。

「フルオブビーンズ」のハントンライスは、お米には十六雑穀米、タルタルソースにはこだわりの野菜が使用されているヘルシー仕様。量やカロリーが気になる方でも食べられるハントンライスです。デザート付きのセットにもできるのは女性にうれしいサービスですね。ハントンライスは気になるけど、ボリュームがネックという方にはぴったりです!

メニュー

  • メニュー名:野菜タルタルのハントンライス
  • 価格:サラダ・ドリンク付き 1350円  デザート付き1650円
  • その他:昼オブごはんとして昼の時間帯に提供

フルオブビーンズ

  • 住所:石川県金沢市里見町41-1
  • 電話番号:076-222-3315
  • 営業時間:
    ランチ11時30分~16時
    ディナー18時~23時
  • 定休日:水曜日(祝日の場合は翌日休み)

おわりに

少しずつ知名度を上げてきているものの、まだ知らない人も多いハントンライス。どこか懐かしく、やさしい“おいしさ”に旅の疲れも癒されること間違いなし!

「美味しい洋食を食べたい!」「せっかくならご当地グルメを食べたい!」なら、気になるハントンライスのお店で足を運んでみてはいかがでしょうか?