『世界一長いベンチ』って知ってる? ギネスにも載った石川県の増穂浦海岸 絶景スポットの魅力


石川県には『世界一長いベンチ』があるのをご存知ですか? その長さは、あらゆる“世界一”を認定する「ギネスブック」にも掲載されるほどの長さを誇ります。

でもこのベンチ、長いだけではありません。石川県を代表する絶景スポットでもあるのです。

今回は石川の絶景スポット『世界一長いベンチ』のある増穂浦海岸周辺についてご紹介します。

『世界一長いベンチ』とは?


出典:石川県観光連盟

『世界一長いベンチ』とは、増穂浦海岸にあるベンチのこと。全長460.9メートルにもなり、1989年(平成元年)『世界一長いベンチ』としてギネスに認定されました。ベンチ付近は「サンセットヒルイン増穂」と呼ばれており、夕日の絶景スポットとして地元の人からも人気なのだそう。

『世界一長いベンチ』は、「日本海に沈む美しい夕日を多くの人に楽しんでもらいたい」という地元の方々の想いを胸に、昭和の終わり1987年に約830人のボランティアの手によって作られました。

ベンチは丘の上に立っていてひと気も少ないので、夕暮れ時に訪れれば浜辺を独占しているような気分を味わる贅沢な絶景スポットです。独り占めはもちろん、大切な人と一緒に楽しんで忘れられない思い出を作るのも◎。ロマンチックな雰囲気を楽しめること間違いなしです。

世界一長いベンチ 概要

  • 住所:石川県羽咋郡志賀町富来領家町タ
  • 電話番号:0767-32-1111(志賀町商工観光課)

『世界一長いベンチ』がある増穂浦海岸の魅力とは


出典:石川県観光連盟

『世界一長いベンチ』のある増穂浦海岸(ますうらかいがん)は、白い砂浜が眩しい石川県志賀町にある海岸。神奈川県由比ヶ浜、和歌山県和歌浦と並び日本小貝3名所のひとつといわれています。11月から3月の冬の時期、「貝寄せの風」が吹き、さくら貝やべに貝などの美しい貝が打ち寄せられる、石川県を代表する絶景スポットです。周りにはリゾートスポットがあり、夏の海水浴シーズンには多くの観光客で賑わうんだとか。

また増穂浦海岸がある能登エリアには、まだまだたくさんの絶景スポットが満載です。「能登の魅力を存分に味わいたい!」と思う方は、車でのドライブ旅がおすすめ! 今回ご紹介した増穂浦海岸はもちろん、さまざまな絶景スポットを満喫できること間違いなしです。

関連:能登半島を楽しむなら断然ドライブ! おすすめ絶景スポット7選

関連:奥能登屈指の景勝地!『白米の千枚田』は能登必訪の絶景スポット

増穂浦海岸 概要

  • 住所:石川県羽咋郡志賀町富来領家町
  • 電話番号:0767-32-1111(志賀町商工観光課)

おわりに

『世界一長いベンチ』は長さはさることながら、その絶景も満喫できる観光スポットです。美しい日本海を望みながら、のんびり石川旅を満喫できること間違いなし!

日本海の近くなので、暖かい季節のお出かけ日和に訪れてみてはいかがですか?